クレーマー・クレーマー



<   2008年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧


そうだ、風呂の町へ行こう 番外編

そんなこんなで、ロンドンに戻ったのが18時前。
帰りの電車も爆睡でした・・。

なんやかんやで、Bathの町を歩き回ること3時間30分。
とにかく、歩き回る人間なもんで、こういう町は楽しいですね♪


ここ数ヶ月、『毎日を楽しむ』ということを忘れてたなー、と思います。

最近になって、義務や決まりではなく、自分が『いいな』と思う感情で、
カメラを向けるようになってきました。(戻った、というほうがいいかな。)

こういう気持ちって、このブログを始めたきっかけだったはずなのに。

いつの間にか目も心も曇って、自分自身の生活自体、
他力本願的に『なんかいいことないかな』と、待っていたような気がします。

『忙しいから』『時間が無いから』 私が最も嫌いな言葉です。

なぜならば。
理由じゃなく、言い訳だから。

時間はある、ない、じゃなくて、自分で作る。これが私のザユウノメイ。

でも、その言い訳を自ら実行していたように思います。

仕方が無い、の前に、本当に仕方が無かったのか、
自分は誠意持って、適当なことをしてなかったのか、もっと考えなくてはいけません。

そして、自分はやってるからといって、相手に同じコトを求めてもいけない。

いつの間にか、自分を正当化するために、何かを攻撃するために
こういう考えをつくり上げていたのかもしれません。

自分に甘い、まさにこの言葉に尽きます。

自分に甘くて、しかも自分を大事にもしていない。
これって、大問題だと思いませんか?

まずは毎日を楽しむこと。
小さいことのようですが、返ってくるものはかなり大きいです。

今日は、かなり楽しみました。
まだまだ、楽しみは待っている!
f0077414_1004133.jpg

[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 10:31 | 珍道中

そうだ、風呂の町へ行こう Part6

さて。
帰りの電車の時間もあるので、エイヴォン川沿いをのんびり歩きながら駅へ向かいました。
f0077414_9322328.jpg

f0077414_9331216.jpg
f0077414_934540.jpg
f0077414_9344251.jpg

f0077414_937495.jpg

春や夏のヨーロッパも緑がきれいだし、お花もたくさん咲いていて
お勧めはお勧めなのですが、私個人的には、秋がお勧め。

かなり冷え込みも厳しくなってきますし、観光もしんどくはなってくる季節ですが、
特にこういったハチミツ色の町だとか、歴史的な建物が多い場所は
ホントにキレイです。

今日は冷え込みがかなり厳しくて、き~~んとするぐらい、お肌も冷え冷えでしたが、
私的には、かなりバッチリな状況のお散歩遠足でございました。
f0077414_9431275.jpg

[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 09:44 | 珍道中

そうだ、風呂の町へ行こう Part5

寺院行って、ローマンバス行って、ロイヤル・クレッセント行けば
あとの楽しみは、買い物と散歩ぐらいです。

町自体がすごくきれいなのですが、娯楽的な観光場所というのは正直少ないかも。

ただ、ビックリするぐらい、お店は充実してるんですよ。
小さな小さなロンドンみたいな感じ。
Waitroseあれば、M&Sもあり、Habitatに、Monsoon、FCUK、HoBB's、
NEXT、LUSHに、BODY SHOP、WHSmith、White Company、Cath Kidston、
スタバもネロもコスタもある。

いやぁー、恐れ入りました。

でも、1本道を入ると、ものすごく静かで、坂も多い。
f0077414_9193419.jpg

f0077414_9202944.jpg

f0077414_9205791.jpg

f0077414_9213661.jpg

f0077414_922356.jpg


夏に行ったコッツウォルズの時も、あ~、ステキだなぁ、と思いましたが、
住みたいとまでは思いませんでした。
静かだし、環境的にはいいかもしれませんが、あまりにも平和すぎる。

けれど、このBathは、かなりお気に入りになりました。

なんて表現したらいいのか難しいのですが、
ロンドンもそうなんです。
『緑や自然と上手に付き合う都会』とでも言いましょうか。

Bathはまぁ、Country Sideなわけですが、それでも、
自然や建物を保存しながら、生活するのに困らないエリアも兼ね備えている。

元々、田舎が性に合わないのもありますが、
ヨーロッパの田舎というのは格別なものがあります。

東京・パリ・バースwww
私の住みたい場所です。

まだまだ知らないところがたくさんあるんだろうなぁ。

つづく~。
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 09:29 | 珍道中

そうだ、風呂の町へ行こう Part4

ローマンバスを出て、メイン通りを歩いていると、
なんだか、ローマンバスのお隣、パンプルーム(昔の社交場。今はお茶とかできる)の前が
ものすごい人だかり。

で、おじさんがんばってました。
f0077414_8543413.jpg

ファイヤーファイヤー。
まぁ、、寒かったし、いいんじゃないでしょうかw

お昼も過ぎて、メイン通りは人でいっぱい。
f0077414_8563939.jpg


そんな通りを過ぎて、お次は、ロイヤル・クレッセントへ向かいました。

↓ココは途中のザ・サーカス。
f0077414_8591722.jpg

広場ですね。
広場に面して、緩やかに円を描いて建物が建っていて、ココもステキです。
真ん中の木は、まさに秋まっさかり。(ボケてます)
f0077414_932184.jpg

3方面からこの広場に道が集まってくるのですが、
上ってきた方向に向かって左側を歩いていくと、ロイヤル・クレッセント。
f0077414_96752.jpg

貴族の人たちの住まいとして造られたテラスハウスで、
緩やかなカーブは三日月型だそうです。

温泉入って、豪華なお家に住んで、やっぱり貴族ってのは優雅です。
ルネッサーンス。
f0077414_983233.jpg

お家の前は広場と公園。
f0077414_992862.jpg

1番地のお家は博物館にもなっていて、中に入れるそうですが、
『お入りなさい』というオーラがなかったので、やめましたw
f0077414_9111755.jpg


つづく~。
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 09:12 | 珍道中

そうだ、風呂の町へ行こう Part 3

そんなこんなで、バース寺院をあとにして、すぐお隣さんのローマンバスへ。

混んでるかなーと思いきや、チケット売り場はガラガラ。
並ぶまもなくすぐに窓口へ。

衣装博物館との併用チケットも売っているようですが、
全く興味が無いため、ローマンバスだけのチケットをお願いしました。

大人£10.5。高っwww

で、恐る恐る聞いてみた。
『あのぉ、、、Student Cardって使えますか?』

『持ってんの??もちろん大丈夫よ。』

やったね(*´∀`)ノノ で、£9。

£1.5の割引・・・・微妙なとこですが、大事大事。

で、最初にガラス張りのところに出た後、大浴場グレートバスのテラスに出ます。
f0077414_8164336.jpg

写真で観たことある光景そのまんま。

昔、透明だったお湯は、今では太陽の光で藻がしっかり育ったため、緑なんだそうです。
f0077414_8215623.jpg

バース寺院も見えます。

なんだっけ・・・ケルトの神、だったかな。
f0077414_825735.jpg

実際にお湯が流れ出ていました。久しぶりに日本の夏みたいな湿気w
f0077414_8262547.jpg

汚い、といえば汚い感じまるだしなわけですが、
でも、なんか、クリームソーダみたいな乳白色の緑ですよねぇー。
f0077414_828205.jpg

ここは、大浴場のおとなりさんにある、『キングス・バス』
f0077414_8305288.jpg

気温が低いのもありますが、湯気が立ってて、ちょっとぶくぶくっとなっているの見えますか?

ココのお湯の温度は46℃っていってたかな。ちょっと熱めです。

いわゆる『温泉』なわけですが、
昔、この熱いお湯が出てくるのは神様の仕業に違いない、と思われていたそうです。
で。その神様がさっきの顔の人。スリス・・・だっけか???(ちなみに女神様です。)
その女神様が住んでいるから~、ということで、神殿を建てたのが始まりだとか。

その後、この温泉(神殿)は、健康ランドのごとく、娯楽施設へと生まれ変わり
温泉好きなローマ人によって非常に栄えたそうです。

栄えあれば、衰退アリ、ということで、ローマ人がいなくなったあと、
湯治目的で建て直しされたそうですが、衛生面では疑問が残ったんだとか。
要は、清潔な場所ではなかった、ということらしい。

という解説をきいた気がしますが、なにぶん、、目の前の風呂に見とれてるもんで、
完全うろ覚えです。あしからず。。

ここには、サウナとかもあったりして、ホント、スーパー銭湯(ってもう古い?)みたいです。

で、ここ↓
f0077414_8453547.jpg

水風呂。
お金がいっぱい投げ込んでありました。

トレビの泉じゃないんだから・・・
水があるところってなんでみんなお金を入れたがるんでしょうかw

白い衣装の人が写っていますが、
当時の様子を再現するための映写機画像ですw

メインの大浴場だけで満足だったため、資料やらなんやら、盛りだくさんだったのですが、
他は大して興味もなく、さらーっとまわって終了w

相変わらず、興味の無いものへの冷たさはハンパない女です。スミマセーン。

つづく~
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 08:51 | 珍道中

そうだ、風呂の町へ行こう Part 2

なんとな~く、こっちに人が歩いていっているから、という
あまりにも杜撰すぎる考えでとぼとぼ歩いた先には、
ありましたよ~Bath Abbey、バース寺院です。
f0077414_730223.jpg

この寺院の外観、かわいいんです。

ちょっとだけアップ。
f0077414_733374.jpg

まだわかりにくいかな。もうちょっとアップ。
f0077414_7341956.jpg

天使が梯子を上ってるの♪

羽が付いてるんだから、飛べばいいのに、とか、夢のないこといわないように。

色々教会を見てまわりましたが、こんな彫刻は初めて!
かなり珍しいんだそうです。

最初にローマンバスに行ったのですが、紹介しちゃったので、
寺院の中から先に。

中に入るには、£2.5です。

受付のおじいちゃんに『どこから来たんだい?』と聞かれました。
『日本からだけど、今は、ロンドンに住んでるの』
『じゃぁ、英語でもいいよね?』と、パンフレットをくれました。
日本語のパンフレットはないようです。

中は、見事なステンドグラス。
f0077414_739231.jpg

f0077414_7412096.jpg

本当は、教会の中で写真撮るのは好きじゃないんです。
なんだか、神様を冒涜しているような気がして。
神聖な場所ではやっぱり良くないですよね。。
そんなこといいつつ、
やっぱり500年以上前に完成したイギリス中世の教会建築の代表するものとなれば、
ステンドグラスも美しいカーブの天井も撮ってみたくなるもので・・・

そんなこといいつつ、実はものすごく後悔したのです。

座って、ステンドグラスを眺めていたら、
必死に手を組んで祈りを捧げているマダムと、
娘さんでしょうか、2人の若い女の子が抱き合って涙を流しながら
じーっと祭壇を見つめ続けていました。

本来、寺院や教会というのはこういうところ。

勝手な興味本位で写真をとりまくったり、騒いだりする観光客は
考えを改めないといけませんね。

こういう場所は、絵を観るギャラリーと同じ。
物に対する敬意というのは払わないと。

余談ですが、2週間ほど前、大好きなギャラリーに行った際、
大好きなルーベンスの絵の前で、
ポーズを取り、写真撮影に没頭&騒ぎまくっていた日本人の女。

申し訳ないけれど、あまりの酷さに思いっきり睨みつけてきました。

旅の恥はかきすて。
でも、恥の前に、習慣化してるであろう常識の無さは、論外です。

さてさて。
話は戻って。

教会の柱の影に1つ面白いコーナーがありました。

『祈るものへ。 願い事を紙に書いてカゴに入れなさい。
神様はいつでもどこでも、あなたのそばにいるのですよ。』

これは、書かない手はない。

クリスチャンでもないくせに。
しかも、日本語で書いてきましたwww

願い事?それはもちろん、秘密です。


つづく~。
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 08:01 | 珍道中

そうだ、風呂の町へ行こう Part 1

はい、そんなわけで、珍道中開始です。

今朝の気温、3℃だったっけ???
まー、寒くて寒くて。
当然、トイレも近いわけで。

出発はPaddingtonの駅だったのですが、
到着したとたん、トイレへ猛ダッシュ。
なのに、なのに。

ココのトイレ、有料だったんだ。。。

すっかり忘れてた。30Pのところ、50Pしかなかったので、
両替しようと思ったら、両替機壊れてるし・・・

仕方が無いので、お水を買いに、スーパーへ。
そのおつりでようやくトイレへ行けたのでした。

のっけから、こんなんかいw


ハイ、すっきりしたところで、気を取り直し。

ロンドンのチューブではなく、ナショナルレイル、乗ったことありますか?

まぁ~~~~、とにかく、直前まで電車がどのプラットフォームから出るかわからんのです。
f0077414_6515590.jpg

毎回、これがドキドキものでして。

On Timeに出発、って出てるのに、3分前に『プラットフォーム5番』とか
出たりするんですよ。
どーなってんだ・・

今回は、かなり余裕持って出てくれたので、大助かり。

ガラガラの電車に揺られること約1時間30分。
もちろん、爆睡

それでも乗り過ごしなく、無事到着。
f0077414_7135328.jpg

Bathの町の最寄り駅、Bath Spa。
おもいっきり、『温泉です~~~』ってネーミング。

駅の外観はこんな感じ。
f0077414_715273.jpg

プラットホームはまぁ、普通。
f0077414_7251687.jpg

いやぁ、私この駅自動改札があると思わなくって超ビックリ。
ロンドン Paddingtonの駅から乗るときって、改札が無いんですね。

コッツウォルズに行った時のモートン・イン・マーシュという駅もそうだったので、
『しっかりしてんなー、Bath』と感心。


Bathは位置的にイングランド南部に分けられるかもしれないけれど、
『コッツウォルズの南西』といったほうがしっくりくる。
だから、コッツウォルズ地方のツアーに参加すると、Bathもおまけ、なんてよくあったりする。

そんなわけで建物はしっかりハチミツ色。
f0077414_718216.jpg

この辺の地域は、石造りの建物がほとんどで、
その石には、鉄分が含まれているそうで。
だから、こんな『ハチミツ色』になるんですって。
(コッツウォルズ在住の人の話なので、確かな情報だと思う。)

Bathでは見なかったけれど、たまに、赤い色の石が混ざったりしていることがあって
それは、火事で、鉄に化学反応が起こって変色したものなんだとか。

火事のお家を取り壊して、その石を再利用して違うお家を建てたりすると、
石の色で、前に火事があったお家にその石が使われていたかどうかがわかるんだそうです。

コッツウォルズに行くことがあったら、ぜひ見つけてみてくださいね。


さてさて。
本当は、遠くから手前に戻るような感じで観ようかと思ったのですが、
あんまりにもちいさいBathの町。

方向音痴の私でも、地図ナシでちゃんとローマンバスのある場所まで歩けちゃいました。

つづく~
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 07:27 | 珍道中

そうだ、風呂の町に行こう Part 0

昨夜の雪のおかげで、今朝は道路が滑る滑る。

しかも・・・・

Fuckin' Freeeeeeeezing!!!

激サムで、捨てよう捨てようと毎年思っているにもかかわらず、
とっても頼りになるUNIQLOさんのエアテックコートのお世話になりました。

ありがとう、エアテック君。君との付き合いは、もう5年になるだろうか。
ドイツに行く時に、3800円で買った君は、すっかり冬のヨーロッパのお供。
いくら着たおしても、まったく破れもしなければ、へたりもしない。

バーバリーのダウンに負けない回転率。さすがである。

・・・と、そんなことはさておき。

今日はですねぇ、遠足に行ってきましたのよ♪

先週から行こうか行くまいか、ぐだぐだ悩んだ末に行った場所、それは

Bath(バース)

これですよ、まともに買ったら、片道£47の場所。


私、よく考えたら、あんまり国内旅行(イギリス)ってしてないかなぁ、なんて思って。
とかいいつつ、ストラットフォード・アポン・エイボンとか、ストーンヘンジとか
ヨタヨタと行っているのですがね。

『バース、いいよ~~~♪♪♪』と、あんまりにも周りが言うので、
ローマンバスも見たいし、どんなもんかと行ってまいりました。

そんなわけで、突然始まる珍道中w

ちなみに。
団体行動ができないので、もちろん一人旅です。(←協調性がないとも言う)
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-30 06:45 | 珍道中

せっかくだから

せっかく雪が降ったので、ウキウキで写真撮ってみました♪
(せっかくの意味がわからないw)

↓私の部屋の窓。雪で覆いつくされました。
f0077414_852925.jpg

↓降ってる降ってる~♪
f0077414_874246.jpg

↓とても3日前までサマータイムだったとは思えない光景
f0077414_885416.jpg


もうやんで、雨混じりになってきました。
ロンドンは積もることが少ないので、明日の朝にはキレイさっぱりでしょう~。

ってか、まだ外で花火上げてるアホがいるんですが、
誰か注意してやってください・・
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-29 08:11 | 爆クレーム

雪降るロンドン

ロンドン、雪降ってるぜ~い♪
気温3℃だぜ~い♪
なのに、打ち上げ花火やってるアホが少なくともうちの周りに5軒はあるぜ~~い♪

こんばんは、dazzling31です。

ありえん寒さです。

書類仕事があったので、夕方、カフェであったかいコーヒーのみながら、、と思ったのですが
雨も降ってきちゃったし、寒くて断念。

で、家で何してたかというと、古いテレビドラマ引っ張ってきて号泣してましたwww

知ってますか? 『美しい人』
野島伸司ドラマですよ。

残酷かつ美しい。この人のドラマは、先が読めない。

しかしですよ。
常盤ちゃんが美しいのは充分理解していますが、
田村正和と、大沢たかおの常盤ちゃん争奪戦ってなんなんっすか。

世の中って不公平よねぇ。(←ドラマの意味がわかっていない)

私も、大沢たかおに愛されてみたいわぁ。(阿部寛じゃないのかw)

・・・それはともかく。

このドラマには、ハーブのお話がたくさん出てきます。

本を読むのが嫌いでも、田村正和さんがアンニュイな雰囲気たっぷりで説明してくれたら
一生懸命きくものです。

結局、私っていう人間は、相手によってやる気の変わる単純な女ってコトで。

はい、いただきました、自爆。


ものもらいが治りかけている今、
マスカラがんがんに落ちるほど号泣して、バイキンとか大丈夫なもんなんでしょうか・・・。

とりあえず、泣き疲れ、仕事でも疲れたし、
雪もじゃんじゃん降ってきたので、今日はあったかくして早く寝ま~す。
[PR]
by dazzling31 | 2008-10-29 06:51 | 爆クレーム


&#9829 ロンドン滞在日記 &#9829     クレーマー(文句たれ)日記です。 勝手な主観ではございますが、楽しんでいただければ嬉しいです♪ ぜひ、コメントもお寄せくださいませ。
カテゴリ
全体
爆クレーム
ややクレーム
ノークレーム
空振り
Extra
珍道中
Doga de GO!
CAUTION!!
ご訪問ありがとうございます。

営利目的、もしくは、猥褻なコメント・トラックバックは、見つけ次第、削除させていただいております。
不快になるような投稿は一切ご遠慮くださいますよう、お願いいたします。

*現在、迷惑コメント発見次第、IP情報から、発信元プロバイダに全て通報をしております。

そのため、一定期間、証拠を残すために、猥褻コメントを削除することができません。
リンク先には飛ばないようにご注意ください。
ご協力をお願いいたします。


以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大好きな絵2 笹倉鉄平さん 
from 額縁バンザイ
黄金の階段 バーン・ジョ..
from 額縁バンザイ
GWの後は・・・『5月病..
from muse-9
誕生日プレゼントは集団暴..
from スーパーサイヤ人
No.62 -安全な国 ..
from Last Page
八百屋での出会い
from ウキウキお菓子づくり♪
ストーンヘンジ〔イギリス〕
from ブログで情報収集!Blog-..
トラピストビール
from ベルギーガイド
海外旅行の計画にはこのサ..
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧