クレーマー・クレーマー



The PHANTOM of the OPERA part2

さてさて。

お話を知らない方、有名なので、ここでストーリー語っていいもんかどうかわかりませんので
コチラで内容は読んでね。

最初、オークションの場面から始まり、有名なこの曲が流れ、という感じ。


生演奏なので、鳥肌立ちましたよ。
実際に聴くとすごい迫力。

で、ですね。

ここでハッキリ申し上げておきます。

ミュージカルファンの方、そして、ミュージカルアクターの方には
最初に謝っておきます。ごめんなさい。

私にミュージカルは合わん。

本当に失礼な話、突っ込みどころ満載にしか見えんのです。

以前、ディズニーシーで、ミュージカルチックなアトラクションに行った時に、
あまりにも突っ込みどころ満載でくすくすっと笑っていたら
当時の彼氏に、『オマエ、最低だな(怒』と、怒られたほどです。

すみません、本当に苦手なのですわ。
思いっきり確信しました、今回のミュージカルで。

全くロマンチストとはかけ離れた人間なので、お許しを・・・


舞台自体はおもしろかったですよ。
セットもすごいし、美しかったですよ、ファントムの住む地下とか。
舞踏会のシーンもきれいでしたし。

歌も、もちろん上手。
特に、ファントムと、カルロッタ役の人の歌ったら、すごいっす。

申し訳ないけれど、クリスティーヌの人の声がスキじゃなくて、
ずっとカルロッタに歌ってて欲しかったぐらい。

てか、たぶん、私オペラのほうが楽しめるのかも。

でもって、ちっともかわいそうに見えないんだもん、クリスティーヌ。

どっちかっていうと、、

この女、ウザイ

という、とんでもない感情まで湧き、まったくもって同情できず。

ファントムは、かわいそうでしたねぇ。

すごい顔がバレてからは、
ハンニバルに出てくるメイスン・ヴァージャーに見えて仕方が無かったけどw


なんか、、、ミュージカルだから当たり前なんだけれど、

何でこんなに歌う必要があんのさ?!とか思っちゃったりなんかして。

だって、悲しい場面なのに、あんなにがんがん歌っちゃって、しかも長いし、
ぜんぜん悲しくなくなっちゃうんだもの。

首吊られているのに、足着いているし、両手もふさがってないし、
『はずせばいいのに』とか、
檻みたいになってるけど、クリスティーヌの細さだったら、
あの隙間から出て逃げられるだろうとか、
ファントムのオールバック、すげーな、とか
か~なり自分の中で突っ込みまくっていましてねw

スミマセン、、ホント。
猫に小判、豚に真珠、dazzlingにミュージカル。

行った事にとりあえず満足。

初心者でも、わかりやすいミュージカルなのは、保証です。
[PR]
# by dazzling31 | 2008-12-02 12:01 | 空振り

The PHANTOM of the OPERA part1

ロンドン最後の思い出に、ということで、
全く興味ナシのミュージカルでも観てみようじゃないか、と突然思い立ち、
行ってきました。

だってね、ロンドンにいながら、ミュージカルも、クラシックも、バレエも観てこなかったとなると
ちょっと問題ありかなぁなんてね。
3年も住んでて何もナシじゃちょっと寂しいし。

というわけで、ライオンキングやマンマミーアも観やすいという噂を聞いていたのですが、
1986年に始まって以来21年?22年?のロングラン上演、
The PHANTOM of the OPERAを選びました。

まぁ、映画にもなっているし、有名ですよね、オペラ座の怪人。
f0077414_11105340.jpg


そんなわけで、お友達誘って行って来たわけですが、
予想はついたけれど、場内ほぼ観光客w

有名なお話だけに、予習はできるし、
英語ですが、割とわかりやすいかなぁと思います。

場所は、Piccaidlly Circusからトラファルガーのほうに向かう途中のHay marketにある
her majestys theatreという所です。

ロンドン三越の裏、HISさんのお向かいです。

しかし、思ったより狭かった。
上演前は撮影できたので、館内はこんな感じ。
f0077414_11201420.jpg

相変わらずへたっぴ撮影です。

ストール席だったので、しっかり舞台真正面で見えました。

長くなりそうなので、つづくー。
[PR]
# by dazzling31 | 2008-12-02 11:23 | 空振り

計画性の無い私

こうやって、間際になって目指せ1000記事なんて、
夏休み終了3日前に、スパートかけて宿題やるカツオくんはたまた、ちびまるこちゃんみたい。

こんにちは、dazzling31です。

けっこう間に合ってない感じなんですが・・・w


今日は、荷物の運び出しがありました。

ダンボール重くて、とてもground floorまで運べないので、
男の子に手伝ってもらいました。

朝9時に来てもらって降ろしたのに、運び出しに来たのは、16時過ぎ。
でもって、今日は雨も降らずいい天気。
f0077414_1284180.jpg

日本と違って、時間指定なんてできないので、結局一日中家で待機。
あ~、もったいない。

出かける予定もあるので、いつ来るか、いつ来るかと落ち着かず。
そわそわしっぱなしで、大して掃除もできず。

ホント、終了間際のこの手際の悪さったら、すぐに直るもんじゃぁありません。

そんなわけで、夕方16時30分。
既に太陽が沈んで真っ暗になっていますが、遊びに行ってきまーす。
[PR]
# by dazzling31 | 2008-12-02 01:41 | ややクレーム

犬が暮らしやすい環境

1週間ほど前でしょうか、
いつもお世話になっているバスの運転手さんのバスに乗る機会がありました。

私がよく使うルートのバスの運転手さん、4人ほど顔見知りで、
バス停に到着しなくても、途中で乗せてくれたり、待っててくれたりします。
(ホントはそんなことしちゃいけないんですよw)

で、あんまりにもお世話になったので、
『帰国することになりました、どうもありがとう』と、ご挨拶をしたのです。

なんだか、ずっと気になっていたんですね、ご挨拶できないかなー、と。

やっとこさ、久しぶりに乗り合わせてご挨拶して。
もうこれで、最後かなーと思っていたら、今日も乗り合わせましたwww

なんか・・・微妙な心境。挨拶したのに、また乗ってるしw

何ヶ月もその運転手さんのバスに乗らないことがあるのに、
一旦、ペースがあうと、何回も乗る機会ってあるんですよねぇ。

残り数日で、後3人、会えるかなー。

さて。最近、このワンちゃんをよく見かけます。
f0077414_10262861.jpg


このワンちゃん、リードなしでいつもお散歩します。
飼い主は、ちょっとlazyなにおいのするおじいちゃん。

マジックハンドのようなもので、ボールを投げ、犬がそれを追っかけて、、、を繰り返す
お散歩です。

このワンちゃん、ものすごくいい子で、
投げられたボールをくわえて、ある程度の距離を歩くと、
そこにボールをちょこんと置いて、写真のポーズをとって
じーちゃんがゆっくり歩いてくるのを待つのです。

じーさんが、これまた超マイペースで、
他人様のお宅の粗大ゴミに、なんかいいモノがないか物色したり、
てれ~んと歩いてお庭の花を見たりしていまして、
犬の散歩なんだか、じーさんの散歩なんだか、、という感じ。

しかし、よくできたワンちゃんです。
1回も吠えたのを聞いたことがないし、
リードなしでも、せわしなく走ったり、道路に出たり絶対しません。
ちゃんと歩道をゆっくりてってってっ、と歩いていきます。

日本も、リードなしで、ワンちゃんを歩かせ、遊ばせられる環境ができればいいのに。
それには、犬自体のストレスもなくしてあげないといけませんねぇ。

犬が暮らしやすい環境ってどんななんだろう?

私が犬だったら・・・やっぱり、日本より、ロンドンがいいな。
[PR]
# by dazzling31 | 2008-12-01 10:57 | ややクレーム

渋滞とエロス

帰国直前、
毎日毎日、どこかしらへフラフラと出かけ、遊び歩いております。

今日も、お友達とお茶してごはん食べて。

クリスマス前だからなのか、日曜日だったからなのか、
センターはものすごい人・人・人。

バスでBaker Streetに出たけれど、
あまりにも酷い渋滞で、バス移動は限界でした。(バスの中も混みっ混み。)

バスの運転手さんが、
『ここは、Baker Street 駅ですよ。
こんなに酷い状況なので、いつ動くかもわからないから、
正しい選択をしたほうがいいと思いますよ。』と、
まさに『チューブに乗り換えたほうがいいんじゃな~い?』と言っているような放送をし、
お客さん一同大爆笑。

渋滞でイライラしてムスっとしていた人も、すっかり笑顔になっていました。

こういうユーモアを言う人がいて、それを理解する受け手がいて。

このぐらいの気持の余裕がないと、ロンドンで生きるのは大変かもしれません。

ちなみに、私は道路の渋滞でイライラすることが、ほとんどなくなりました。

だって、イライラしてもバスが動くわけじゃないし、自分が悪いわけでもないし。
予想がつかない渋滞は、本当に仕方がないものです。

さて、写真の像はご存知でしょうか。(ちなみに今日の撮影ではありません)
f0077414_1071593.jpg


この像、エロス像と言って、Piccadilly Circusのど真ん中にいます。

今まで何度もこの像周辺を行き来していたのに、写真撮るのはじめて。

観光客は、必ずと言っていいほど、この像と一緒に写真を撮っています。

結構邪魔なのよね・・・

1892年に作られたらしいこのエロス像。
どんな思いがこめられたのか、エピソードなんて何にもわかりませんw

先日、三越で人と待ち合わせをしていたときに、
日本人の修学旅行生が、学校の先生に、
『2時30分にエロスですよね』と言っていて、
エロス????と一瞬なんだろうと思ったら、この像のことでした。

しかし、、、人がいっぱいで、写真率も高いエロス像で集合にしなくても、
ちょっと歩けばもっとわかりやすくて、ゴミゴミしていないところがあるのに。。

修学旅行がロンドンって、贅沢ですよねぇー。

私なんて、沖縄でしたよ。
充分贅沢かww
[PR]
# by dazzling31 | 2008-12-01 10:20 | 空振り


&#9829 ロンドン滞在日記 &#9829     クレーマー(文句たれ)日記です。 勝手な主観ではございますが、楽しんでいただければ嬉しいです♪ ぜひ、コメントもお寄せくださいませ。
カテゴリ
全体
爆クレーム
ややクレーム
ノークレーム
空振り
Extra
珍道中
Doga de GO!
CAUTION!!
ご訪問ありがとうございます。

営利目的、もしくは、猥褻なコメント・トラックバックは、見つけ次第、削除させていただいております。
不快になるような投稿は一切ご遠慮くださいますよう、お願いいたします。

*現在、迷惑コメント発見次第、IP情報から、発信元プロバイダに全て通報をしております。

そのため、一定期間、証拠を残すために、猥褻コメントを削除することができません。
リンク先には飛ばないようにご注意ください。
ご協力をお願いいたします。


以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
大好きな絵2 笹倉鉄平さん 
from 額縁バンザイ
黄金の階段 バーン・ジョ..
from 額縁バンザイ
GWの後は・・・『5月病..
from muse-9
誕生日プレゼントは集団暴..
from スーパーサイヤ人
No.62 -安全な国 ..
from Last Page
八百屋での出会い
from ウキウキお菓子づくり♪
ストーンヘンジ〔イギリス〕
from ブログで情報収集!Blog-..
トラピストビール
from ベルギーガイド
海外旅行の計画にはこのサ..
from 旅行で得する☆一人旅、ツアー..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧